12/17 13:03 我が娘ようやく生まれました爆笑爆笑



ドキドキ12/15ドキドキ
朝5時前に激痛で目が覚めると、出血してる…ガーン
その日はそのままおしるしかと思い、買い物に出かけたり、家でスクワットしてみたり…

ドキドキ12/16ドキドキ
これまた朝4時に激痛で起床。
この時陣痛かもと思い、アプリで計測すると7~8分間隔でいていたけど、4時やし旦那サマが起きる時間も陣痛っぽかったら、病院に連絡しようと思って、8時すぎに連絡DASH!DASH!
9時に病院到着し、すぐに陣痛室へDASH!
あたしが通っている病院は、陣痛室はカーテンだけで仕切られているだけで、唸り声とかが丸聞こえ(笑)
しかも分娩室もオープンにされていたのか、声が全部聞こえていて、なんか人の叫び声聞いてるだけでも不安になったガーン

「今日12/16の夕方には生まれるでしょう」

と言われたので、10時すぎに一旦旦那サマは、仕事へえーん
そこから1人で、夕方まで陣痛と戦ったけど、子宮口がまだ3センチって…えーん

21時頃に実母、父が仕事終わりに来てくれたが、痛そうにしていて、母だけで夜中まで付き添ってくれることに照れ
旦那サマ来ないと思ってたら、ドリンクや栄養補給できるゼリーなどを持って再び病院にきてくれた笑い泣き
母がそれなら、帰宅するとのことで、往復1時間かかるので、旦那サマに母を家まで急遽送ってもらうことにし、再び1人にショボーン

そこからが本当に長かったガーンガーン

内診しても子宮口は変わらず、痛みだけが増し、それでも朝方には生まれるでしょう。という言葉を信じて、陣痛に耐えたが、24時間経っても変化がなさすぎて辛かった。
朝方ようやく破水したと思ったら、本破水ではないとのことえーん子宮口は、7センチと言われたので、あと3センチ頑張ろうって思えた。
周りの陣痛室に居た人達はみんな出産を終えてあたし1人だけ取り残されたときは、本当に切なかったえーん

旦那サマもずっと付き添ってくれていたが、仕事もあるので、9時前には一旦会社へ。
ホンマに申し訳ないなーと思いながらえーん

行ってすぐに、担当医にエコーで、見てもらうことに…すると驚愕な事実がガーン!!

子宮口5センチしか開いてなかったうえ、赤ちゃんが回る向きを間違えて正面に顔がきてしまっているとのこと…ガーン

ここで、選択肢が3つ与えられた。
1.無痛分娩に切り替えて、赤ちゃんが回るのを待つ
2.誘発剤を打って再度陣痛を促し、赤ちゃんの向きを変わるのを待つ
3.帝王切開

だった。この時部分的に破水しているし、私の体力的にしんどいし、赤ちゃんを早く外に出してあげたかったので、急遽帝王切開にあせる

家族の承認が必要なので、旦那サマにもきてもらい、助産師さんと一度言い合いにダウン

もっと24時間過ぎてからでも、エコーで向きとか見れなかったのか、こんなに30時間近く経ってやっとその選択肢はあまりにも可哀想すぎるとプンプン
普段冷静な旦那サマが私のために言ってくれてるのが、本当に感謝したし、辛いのわかってくれたと思うと涙が出てきた。

それから2時間近く襲ってくる陣痛と戦いながら、12:30にいよいよ手術室へ。

この時私の両親と、旦那サマの両親が来ていてびっくりしたガーン
気を使って旦那サマが呼んでくれたみたい。
みんなに見送られオペ室へ。

下半身麻酔で、上半身は自由が聞いたので、産声も無事に聞けて嬉しかった照れ照れ

それから手術が終わり4時間以上寝ていて、我が子と再開出来たのが夜だったおねがい
1日目だから、まだまだ顔はぶちゃいくやけど、自分の子だと思うと、本当に幸せだと思うラブ
これからもっと大変やけど、ベビちゃん頑張ろうね照れ照れ


関連記事
タグ